マンションってどうよ?
| 関西版 | 関東版 |


2006年03月03日

ノンバンク、長期固定住宅ローンに相次ぎ参入

マショレンジャーママです。

3/2 日本経済新聞より

ノンバンク、長期固定住宅ローンに相次ぎ参入

「長期固定金利型の住宅ローン(最長35年)」に大手ノンバンクの参入が相次ぐ。オリックスは1日、住宅金融公庫との長期固定の提携ローン(フラット35)を開始した。楽天も10月に参入する。日銀の量的緩和策の解除が近づき、金利の先高観から長期固定型への需要は強まるとの判断だ。これまでの主要な担い手だった銀行側は迎え撃つ構えだ。

 代表的な長期住宅ローンは住宅公庫が民間金融機関と提携した「フラット35」。民間が融資した債権を公庫が買い取って証券化し、投資家に転売する。住宅ローンを扱う金融機関にとっては、金利変動のリスクを回避できる利点がある。

 フラット35を扱うのは銀行や信用金庫のほか、住宅ローンの専門会社。日立キャピタル、積水ハウスなどが出資する日本住宅ローン、ソフトバンク系のSBIモーゲージ、全国の不動産業者が設立した全宅住宅ローンなどだ。従業員を減らすことなどでコストを削減、銀行に比べ融資金利を抑えて、融資実績を伸ばしてきた。いまではフラット35の累積契約件数の約4割をノンバンク系が占めるほどだ。

住宅ローンはほとんどの方が、一生の内で最大のローン金額で、最も長い返済期間になりますが、消費者の皆さんの中には、どの商品がいいのかよくわからないまま、また、営業マンが勧めるままに決めてしまった、という方が多いようです。

自分にあった住宅ローンを選ぶためには、情報を得ること、資金計画を慎重に行うことが大切です。

私たち住宅情報ネットワークの荻野事務局長が毎週月曜日に発行しているメルマガでは、住宅ローンについて、とても参考になることも教えてくれます。もちろん無料です。

過去のバックナンバーはこちら。

まだ登録していない方は、こちらから登録して下さいね。

※2/17緊急出版 「マンションみんなの不安〜実録マンショントラブル100 Q&A」
3/10迄に楽天にて申し込むと無料小冊子「マンション購入にまつわる10のべからず集」付
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メインサイトはこちら
「マンションってどうよ?関西版」 
「マンションってどうよ?関東版」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガ(無料) 「上手なマンションの買い方教えます!〜プロの本音〜」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■我々の想いよ届け・・・
    ==========================
      マショラーとデベロッパーの橋渡し、それが我々の使命!
    ==========================

投稿者 yamasaki : 2006年03月03日 08:47
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?