マンションってどうよ?
| 関西版 | 関東版 |


2006年03月14日

<耐震偽造>違反建築物設計で罰則内容固まる

マショレンジャーママです。

耐震偽装事件を受け、違反建築物設計などの罰則を強化した建築基準法の改正案が出されました。

改正案の内容は、強度不足の建築物を設計した建築士への罰則を懲役3年以下、罰金300万円以下。
民間確認検査機関などによる構造計算書の審査期間については、現行の21日以内から35日以内に延長。

また、消費者を保護するため、売り主が住宅を販売する際に損害保険加入や銀行による信用保証などの情報を開示するよう宅地建物取引業法も改正される予定。

今の基準法では、危険建築物を設計しても罰金の上限は50万円。

改正案の罰則ははたして重いといえるのか?・・・・。

12日、偽装があったグランドステージ東向島の被害住民の建て替えに関するアンケート結果が公表されました。
追加負担できる額について、36世帯中、回答した28世帯の平均は約570万円、最高額は1000万円。負担なしも6世帯あった。
予算案が出されていますが、負担が多ければ、建て替えを断念し、補修を検討せざるおえない結果になるかもしれませんね。

今後、一定規模以上の建物の構造計算書は第三者機関によるダブルチェックが義務化されますが、正直、これも信用できるかどうか、現状では疑問です。

きちんと設計がされてても、実際の建築物はデタラメに建てられている世の中なのだから・・・。
チェック機能がどこまで果たされるのかが問題ですよね。


※2/17緊急出版 「マンションみんなの不安〜実録マンショントラブル100 Q&A」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メインサイトはこちら
「マンションってどうよ?関西版」 
「マンションってどうよ?関東版」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガ(無料) 「上手なマンションの買い方教えます!〜プロの本音〜」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■我々の想いよ届け・・・
    ==========================
      マショラーとデベロッパーの橋渡し、それが我々の使命!
    ==========================

投稿者 yamasaki : 2006年03月14日 10:40
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?