マンションってどうよ?
| 関西版 | 関東版 |


2007年02月05日

断面図と矩計図

マショレンジャーママです。

今日は、「上手なマンションの買い方教えます!〜プロの本音〜」殿堂入りメルマガの最新号をご紹介します。

******************************************************
断面図と矩計図

モデルルームで配布される図面集には、平面図、立面図、間取り図の他に
「断面図」や「矩計図」が記載されています。
多くの方は「断面図」や「矩計図」をじっくり見ることはないと思いますが、
いろいろな情報が含まれている図面です。

今回は「断面図」と「矩計図」からどんなことが描かれているかについて
お話したいと思います。

まず「断面図」とは、建物を垂直に切って断面を示した図面です。
1階から最上階まで描かれており、マンション全体の高さや階数ごとの高さ
(階高)がわかります。

「断面図」の中には、1SLとか2SLとか記載されています。このSLとは「スラブ
レベル」のことで、例えば、3SLから4SLの寸法が3階の階高となります。
よく書籍には「階高は2,900mm以上が良い」と書かれていますが、検討している
階数の階高は断面図でチェックできます。

次は「矩計図」(「かなばかりず」と読みます)。
「矩計図」とは建物の断面詳細図のことで、設計図書の縮尺は1/20とか1/30で
かなり詳細な図面です。

パンフレットではスペースの関係で縮小されて掲載されている場合がありますので、「矩計図」は設計図書で確認するのが良いかもしれません。

「矩計図」では部材の断面、取り合いや高さ関係がわかります。
パンフレットには「二重天井」って書いてあったけどどうなってるんだろうか、
っていう時には「矩計図」で確認します。

床も同様です。二重床なのか直床(じかゆか)なのかもの「矩計図」を見ると
一発でわかります。

「矩計図」で洗面所やユニットバス、トイレなどの水周りのスラブを見ると、
居室のスラブと段差があることがわかります。
これを「段差スラブ」といいます。

「段差スラブ」は水周りと居室の床面をフラットにするための工法です。
水周りには配管スペースが必要です。スラブに段差がなかったら、床下に配管
スペースを確保するためには、床を上げなければなりません。
床を上げると仕上げ面に段差ができてしまいますね。

その段差をなくすために床を上げるのではなく、スラブを10cmほど下げることに
よって、床下に配管を通すスペースが確保でき、フラットな床となるのです。

その他、「矩計図」には開口部の高さや部屋ごとの天井高が記載されています。
CH=2,450はその部屋の床から天井までの寸法が2,450mmということです。
(CHはceiling height)

また、各部の仕上げも「矩計図」で確認できます。
部屋の中の床・壁・天井はもちろんですが、外壁やバルコニーの床・天井、
共用廊下の床・天井の仕上げとその範囲が記載されています。

このように平面図では得れない高さ関係や仕上げの情報は「断面図」「矩計図」で確認できるのですが、全ての住戸が記載された「断面図」「矩計図」はありません。
基本となる住戸の分しかないのです。

もし検討している住戸の詳細情報が知りたいときは、設計図書で確認し、その
住戸の「断面図」「矩計図」がない場合には、記載の図面との相違点を営業担当に説明してもらいましょう。


★──────────── 今日のおさらい ──────────────★

    「断面図」「矩計図」建物を垂直に切って断面を示した図面

    パンフレットより詳細な情報が得たい時には設計図書で確認

★────────────────────────────────────★


図面を見るのは本当に難しいです。
私も苦手です、、、。

営業マンですら、あまり理解していない人も多いようです。
わからないことはどんどん質問して、きちんと確認しておくことが大切ですね。


「上手なマンションの買い方教えます!〜プロの本音〜」無料メルマガ登録はこちら。


関東版新企画 ⇒ 「マンション周辺には何がある?」 関西版新企画 ⇒ 「クレーム宅配便」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
メインサイトはこちら
「マンションってどうよ?関西版」 
「マンションってどうよ?関東版」
−−−−−−−−−−−−−−−−
メルマガ(無料) 「上手なマンションの買い方教えます!〜プロの本音〜」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■我々の想いよ届け・・・
    ==========================
      マショラーとデベロッパーの橋渡し、それが我々の使命!
    ==========================

投稿者 yamasaki : 2007年02月05日 09:41
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?